建築設計課

アペットメント・住宅

動物病院で働く獣医さんやスタッフさんが
ペットと生活することを前提につくられた社員用集合住宅の新築計画です。

日本の暮らしの中で使われてきた縁側、通り土間、続き間といった知恵と
動物にとって快適に過ごせるよう拡張した水廻り・バルコニースペースを融合することで、
暮らすみんなが居心地のよい場所を生み出せないかを考えました。

また、外観からはどの部屋の何をする場所なのか分からないような平面計画と窓の配置、
各住戸の寝室を対角線上に配置し、騒音の問題が発生しないなどの、防犯やプライバシーを考慮しながら
部屋の形状を決定していきました。